病気がち

ビタミンAが不足している可能性があります

最近、どうも健康に自信がない。

 

病気にかかりやすいと思ったら、ビタミンAが不足している可能性があります。

 

ビタミンAが充足していると、病気にかかりにくいされるのには根拠があります。

 

ビタミンAは、病原菌などが体内に侵入するのを防ぐ免疫機能を維持するという働きがあるからです。

 

ビタミンAが不足すると、外部に接している皮膚(肌)や、口から肺までのように、外の空気に触れている部分が、病原菌に冒されやすくなり、さまざまな病気にかかってしまいます。とくに、抵抗力の弱い子供には注意が必要です。

 

そのほかに 薄暗いところで物がよくみえない。映画館に入ると、スクリーン以外のものは、しばらくの間何もみえないというのはよくありますが、最近、見えるようになる時間が、前よりかかるようになった。 こんな時も、ビタミンAをたっぷり摂ってみましょう。

 

暗闇に強くなるには、ビタミンAが必要です。 明るいところから、急に暗いところに入って物を見るのに慣れていくのを、「暗順応」といいます。ビタミンAが足りなくなると、これが低下し、暗闇で目が慣れにくくなるのです。