貧血ぎみの

女性に貧血はつきもの

女性の2割ほ貧血で悩んでいるといわれるほどです。

 

急に立つと、クラッとしたり、顔色がどうもすぐれないとか、ダイエットするあまり貧血になってしまったとか、心あたりの女性は結構いるはずです。

 

貧血には鉄分が第一のクスリですが、それとともにB12と葉酸をたっぷり摂ることが肝要です。

 

B12も葉酸も ”血を作るビタミン”という別名を持ち、赤血球の生成に作用しています。B12と葉酸はお互いに体内で協力して仕事をしているので、どちらが欠けても役に立たないということになるます。両方とも、うまく摂ることが大切です。 

皮膚炎や湿疹にはビタミンB2とナイアシン(ニコチン酸)をお勧めします

両者は皮膚を正常に保つ働きがあります。ナイアシンの欠乏症にペラグラという皮膚炎がありますが、そこまでいかなくても、湿疹などの皮膚障害にはB2とナイアシン不足の可能性があるようです。とくに子供の場合は、親が気をつけてあげることが、第一です。

不妊で悩んでいる人にはビタミンAをお勧めします

不妊の原因はいろいろありますが、ビタミンAの不足にによる可能性があるようです。

 

ビタミンAは、視覚作用に大きく関係してますが、一方で正常な発育や生殖機能を保つという働きもあるようです。

 

まだまだ研究途中ではあるものの、動物実験によると、ビタミンA欠乏の動物では精子が作り出されないことが、報告されています。動物実験の結果が人間にも当てはまるかどうかは、まだわかっていません。