一人暮らし

一人暮らしの人

独身貴族とはよくいったもので、一人暮らしをエンジョイする若者は、まったくうらやましい限りです。

 

旅行に、スポーツに外食に、楽しそうに青春を謳歌している彼らですが、一人暮らしでもっとも注意が必要なのが、食生活。

 

どうしても栄養的にアンバランスになりがちで、ビタミン不足はいなめません。 とくに外食が多い人は要注意。

 

外食では炭水化物が中心となり、ビタミンB1を筆頭、にビタミン全体が足りなくなってしまいます。

 

炭水化物の代謝にはビタミンB1が不可欠、そのB1が外食派にはよけいに必要となり、不足がちになってしまうわけです。 

 

また、ビタミンCの不足から野菜を食べなきゃと、サラダやキャベツの千切りをたくさん摂っても、外食での保存や調理法では、せっかくのビタミンを失ってしまうこともよくあるのです。

 

新鮮な野菜に比べて、長く保存していたものは、鮮度同様ビタミンも失われてしまいます。 

 

スポーツをすればそれだけでビタミンB1も要ることも前に述べたとおりです。 

 

また、一人暮らしでの必需品になっている、インスタント食品の代表といえばインスタントラーメンです。”3分待てば食べられる”手軽さで、子供にも、男性にも、夜食におやつに食べられています。

 

インスタントラーメンのようなインスタント食品ばかりたべていると、栄養状態に問題が起こってしまうのは、当然でしょう。

 

中でも、ビタミンB1の不足が問題になってきます。 

 

脚気などは、とっくの昔になくなった病気と思われていましたが、インスタント食品や砂糖の入った清涼飲料水の食べすぎ、飲みすぎや、動物性タンパク質の摂り方が少ない、白米の普及などでビタミンB1不足の現代人が増え、再び脚気にかかる人が見られるようになりました。 

 

一人暮らしはビタミン不足と考えて、自炊の回数を増やしましょう。男性も、自分で作ったり、彼女の手助けを借りて、食生活の充実に努めることを提案します。