レポート

マクガバンレポートとは

マクガバンレポートとは1977年にアメリカの上院議員のマクガバンが提出したレポートのことです。

 

このマクガバンレポートが出来るきっかけになったのは、当時アメリカでは、心臓病の死亡率が一位で、がんは二位でした。

 

国民が健康になるのなら、どれほど巨額の医療費を注ぎこんでも、それで国民が健康になれば良いと言う考えも限界に来ていました。

 

心臓病だけでアメリカの経済はパンクしかねない状態まで来ていました。
(医療費が1977年1180億ドル=約25兆円、現在の日本は約30兆円)そんな財政的危機を何とか打開しようということで、医療改革が進められました。

 

上院に「国民栄養問題アメリカ上院特別委員会」が設置され、全世界から選りすぐりの医学・栄養学者が集められ、「食事(栄養)と健康・慢性疾患の関係」について、世界的規模での調査・研究が7年間の歳月と数千万ドルの国費を投入して行なわれました。

 

そのときに、5000ページに及ぶ膨大な報告がなされているのですが、それを「上院レポート」又は委員長の名前をとって「マクガバンレポート」と呼んでいます。

マクガバンレポートの内容

マクガバンレポートの内容は、「諸々の慢性病は、肉食中心の誤った食生活がもたらした《食原病》であり、薬では治らない」とし、更に「われわれはこの事実を率直に認めて、すぐさま食事の内容を改善する必要がある」と、7項目の食事改善の指針を打ち出しています。

 

7項目の食事改善の指針を要約すると、高カロリー・高脂肪の食品つまり肉・乳製品・卵といった動物性食品を減らし、できるだけ精製しない穀物や野菜・果物を多く摂るようにと勧告しています。

 

また、この「マクガバンレポート」を補足する形で発表されたのが「食物・栄養とがん」に関する特別委員会の中間報告ですが、そのレポートで特に注目されるのは、「タンパク質(肉)の摂取量が増えると乳がん・子宮内膜がん・前立腺がん・結腸・直腸がん・膵がん・胃がんなどの発生率が高まる恐れがある」として「これまでの西洋的な食事では、病気と脂肪・タンパク摂取量との相関関係は非常に高い」ということです。 

 

また、「理想の食事」という項目で、最も理想的な食事は、伝統的な日本人の食事であることが明記されています。 伝統的な日本の食事というと結局は、精白しない殻類を主食とした季節の野菜や海草や小さな魚介類といったものです。

 

ここで気がつくのが、今の現状です。アメリカでは伝統的な日本人の食事をして生活習慣病を減す試みをしている、一方 日本では毎日の食事が段々欧米食になっていることに矛盾を感じます。