動脈硬化が気になる

ビタミンEとビタミンB2が重要

動脈硬化に効果があるといわれるにはビタミンEとビタミンB2です。

 

まず、話題のビタミンE。動脈硬化は、その名のとおり動脈の血管が硬くなり、もろく、こわれやすくなることです。

 

血管内では、コレステロールなどが付着し、細くなり、血行が悪くなります。そして、心臓病や脳卒中、脳梗塞といった怖い病気に進行していきます。 

 

コレステロールは細胞の構成成分で、体内の機能を維持する物質を合成するため、人間には必要です。ただし、多すぎると動脈硬化を引き起こすもとになってしまうのです。 

 

このコレステロールに善玉(イイモノ)、悪玉(ワルモノ)があることがわかっています。 

 

肝臓で合成されたカレステロールが血液によって体内を回っているうちに動脈の壁に付着するのが悪玉コレステロール、その、たまりすぎたコレステロールを流して肝臓に戻すのが、善玉コレステロールです。

 

ビタミンEは、善玉コレステロールを増やす働きがあるので、悪玉コレステロールが減少することになるのです。

 

ビタミンB2は、動脈硬化などの血行障害をおこす、過酸化脂質という有害な物質を取り除く働きがあることがわかってきました。食生活で、ビタミンB2とビタミンEを摂り続けるとよさそうです。